インフルエンザの時にはリレンザや備蓄は何日目まで

冬になればもう流行するのが決まっているぐらい、誰もがインフルエンザの存在にため息をつかされているのではないでしょうか。最近は新型のインフルエンザの話題なども出てきて戦々恐々の事も少なくありません。そのときには外出も控えるようにといわれる事が多いのですが、食料なども備蓄しておかなくてはいけません。何日目まで必要なのかと言われると困ってしまう人も多いのですが、最低でも二週間分は用意しておくと慌てずに済みます。

リレンザなどの抗インフルエンザ薬も出来れば備蓄したいと思う人も多いですが、基本的には医療用となるので処方箋が必要となります。インフルエンザにかかってから診察後に薬をもらうという流れになるのですが、病院によっては予防のために欲しいと相談をすれば自費にはなりますがリレンザを処方してくれる所もあります。ただし、いつもの保険適用ではないため、価格は高くなることは覚悟しておきましょう。予防に使う時には1日10mgで10日間という使い方になるので、それを踏まえて何日目までもらっておけばいいのか事前に考えておくといいでしょう。

一般的な季節性のインフルエンザでも、地域で流行し始めると収束するまでには3~4週間ほどかかってきます。その為、一人暮らしならなおさら食料などの備蓄はしておいた方が安全です。自分が感染した場合だとリレンザなど抗インフルエンザ薬を使ったとしても、うつる期間のこともありますので7~10日ぐらいは外出を控えなくてはいけませんから、何日目とは考えず一度外出をした時にまとめて購入しておくと何度も出かけずに済みます。最近はネットスーパーなどもありますので上手く活用して、治療中でもきちんと食事を取って休んで治すようにしましょう。