リレンザが効果的なインフルエンザaと面会制限解除

インフルエンザウイルスはさまざまな形があります。ウイルスは常に形を変化させて感染を狙っていますが、中でもA型、B型、C型が人間に感染するインフルエンザウイルスと言われています。この内、B型とC型については人間だけに感染し、A型は他の哺乳類や鳥類にも感染し、鳥インフルエンザなども仲間と言われています。特にインフルエンザaとはウイルスの変化が激しく、鳥インフルエンザが人に感染するようになるのではないかと恐れれられています。インフルエンザウイルスに感染すると倦怠感、発熱、意識障害など人によって症状に差があり、ひどい場合には面会制限が取られることもよくあります。しかし、面会制限解除が早くなる治療も行なわれています。その治療とは抗インフルエンザ薬を利用することです。抗インフルエンザ薬は肺や腎臓、消化器官に持病がある方は利用できないことが多いのですが、多くの方に効果があると言われており、面会制限解除が早まるという意見が多いです。面会制限解除にはインフルエンザの症状が収まる事以外にインフルエンザウイルスの増殖がゆるやかになっているのが条件になっていることが多いです。インフルエンザウイルスは潜伏期が数日あり発症しますが、潜伏期間からインフルエンザウイルスの増殖が始まり、体外に放出されると言われいます。そのため、早めに抗ウイルス薬を利用することが重要です。抗ウイルス薬にはリレンザとタミフルが利用されることが多いです。タミフルは錠剤なので水などが飲める場合には利用されることがおおいですが、リレンザは気管から吸収するので早く効きやすいということで利用されるようです。リレンザは専用の吸入器で吸い込むので水分が取りづらい環境でも利用できます